Feed on
Posts
Comments

FontForge にはベクタデータを編集する機能がひととおり揃っていますが、「自分は Adobe Illustrator や Inkscape を使い慣れているからグリフデザインはそちらでやりたい」という人も多いでしょう。実際、Illustrator でグリフを起こしているというフォント作成者も多いだろうとおもいます。

Illustrator で作成したベクタ画像を FontForge に読み込むのは、別段難しいことではありません。とはいっても、さすがに拡張子 AI のファイルそのままを、FontForge が読み込んでくれるわけではありません。多少は気を遣う必要があるのです。ま、内容としてはごく簡単な話なのですが、今回はそれについて書きます。

まず、既存の画像ファイルを FontForge のスロット(グリフを格納するセル)に読み込む方法を簡単に見ておきましょう。まず、スロットをひとつ選択します。そして、メニューの [ファイル] – [取り込み…] を選択します。すると、[Import] というファイル読み込み用のダイアログが出てきます。ここで画像ファイルを選んで [取り込み] ボタンを押せばよいのです。

FontForge が読み込める画像は、フォーマットが決まっています。どんなフォーマットがサポートされているかは、さきほどの [Import] ダイアログの [フォーマット] 欄を見るとわかります。ラスタのフォーマットも用意されていますが、今回対象にしたいのはベクタですのでラスタは無視することにします。このうち、Illustrator がサポートしているベクタフォーマットとマッチしているのは、EPS と SVG です。

Illustrator ユーザにしてみれば、EPS のほうが馴染みが深いでしょうし、SVG より便利そうですから、こちらを選択したいところかもしれません。しかし、私が試した限りでは、Illustrator の EPS は FontForge でうまく読み込めないようなのです。一方、SVG のほうは読み込めました(SVG 1.0 で試しました)。ですので、Illustrator で作成する場合、SVG で保存するのがよいようです。

Inkscape の場合、デフォルトの保存フォーマットが SVG です。この場合、そのまま保存すれば大丈夫です。

ということで、まず今回は、画像のフォーマットについてのお話でした。

Leave a Reply